珠算(そろばん)の継続的な学習は、子供達の脳力を高めていきます。

脳の発達を高めます

近年の研究から「そろばん」の学習は、脳の発達を助けることがわかっています。「リズミカルに指を動かす」「一心に数字を追う」「スージのイメージを呼び起こす」。
「そろばん」は脳と目・耳・指先を動かし、中枢神経を刺激し脳を活性化していきます。なにより、幼い子が発達していく中で、より健全な「脳力」を高めていくメソッドなのです。

暗算力を高めると、さらに脳の発達を高めます

そろばん・あんざんトレーニングには検定試験や競技会を中心に様々な成功体験が出来るシステムが準備されています。
制限時間内に多くの規定の問題を解いていきます。またテレビ等でも知られるようになった、「フラッシュ暗算」の学習法は、子供達にはまるでゲームをやっているような感覚で受け入れられています。
少しづつの努力と継続により素晴らしい暗算力が身についていきます。興味を持って、小さな成功体験を積み重ねていくことで、自信もついていきます。数字への親しみが生まれ、頭の中に電卓がうまれていきます。

集中力を高めます

すべての「学び」の基本は「集中力」です。また、これから先の学習やスポーツにも是非身につけておきたいのが「集中力」です。
「集中力」がアップすると記憶力もアップし暗算力もアップ。学力もアップしていきます。教室の仲間と競い合うことで、向上心もアップしていきます。子供の底力となっていきます。
「そろばん」のトレーニングには、それを継続していくことで、自然と「集中力」が備わっていくメソッドが準備されています。

情報処理能力を高めます。

河野貴美子博士(日本医科大学)の研究により、珠算式暗算は右脳の使い方が訓練され、イメージ力が強まり、集中力がつくことがわかりました。
問題解決・発明などのヒラメキは右脳から発生すると言われています。そろばん・あんざんトレーニングは一貫して数字による情報処理トレーニングを行なっています。数字をミスなしに素早く読み取り、右脳で秒速処理を行い、左脳で正確な数字情報に変換します。
これから必須とされる脳力、必要な情報を素早くキャッチし処理する、情報処理能力が高まっていきます。